ホスピピュアは副作用が怖い?!美白成分であらわれる副作用とは

シミや黒ずみ、特に女性のデリケートな部分の黒ずみに働きかけるホスピピュア。

 

美白成分が含まれているため、副作用を心配する人もいるでしょう。ホスピピュアの美白成分、「トラネキサム酸」の副作用や安全性についてみていきましょう。

 

>>湘南美容外科共同開発のホスピピュアを見てみる

ホスピピュアの美白成分、トラネキサム酸の副作用

 

美白化粧品は数多くありますよね。そして、配合されている美白成分も、刺激の強いものから弱いものまで様々です。

 

デリケートな部分の黒ずみをケアするホスピピュアは、美白の有効成分として「トラネキサム酸」が使われています。

トラネキサム酸は肝斑の改善効果が認められている成分で、美白効果があると2002年から医薬部外品の有効成分として認められている美白成分です。

トラネキサム酸は美白以外にも、抗炎症・抗アレルギー効果、止血作用がある成分で止血剤として用いられる場合があります。

 

トラネキサム酸は比較的副作用のない成分といわれていますが、服用した場合には食欲不振や胸やけなどの副作用がある場合があります。

 

ホスピピュアは服用しませんよね。黒ずみのある部分に塗る美白剤です。

トラネキサム酸は厚生労働省からも認可されている医薬品で、毒性や刺激性はほとんどありません。美白成分の中でも刺激が低く、安全性の高い成分であると考えられています。

美白剤の中には「ハイドロキノン」のように、「肌の漂白剤」と呼ばれ、長期間使用することで白斑などを引き起こす刺激の強いものもあります。

 

トラネキサム酸は美白成分の中でも刺激が低く、安心して使えるといってよいでしょう。

 

副作用という点では安心できますが、それがすべての人の肌に合うかといえばそうとは限りません。

 

特に肌の弱い方は、ホスピピュアを使う前は、腕の裏などで必ずパッチテストをしてから使うようにしてくださいね。

ホスピピュアの成分は肌に優しい処方

 

ホスピピュアの成分を見てみると、天然由来成分が多く、保湿成分として「スクワラン」や「シアバター」が配合されています。

 

こんなにたくさんの植物由来の成分が入っているんですよ。

 

 

デリケートな部分にも使えるように、低刺激、そして肌バリアを壊さないように保湿成分もしっかり配合。

 

力づくで肌を漂白するような美白の仕方ではなく、肌への優しさを第一に考えて作られているところがいいですよね。

 

湘南美容外科と共同開発ということもあり、安心して使える美白クリームです。

 

ちなみ、私もホスピピュアを使い続けていますが、肌が荒れたり、白斑ができたりというような副作用は一切感じたことがありません。

 

ゆっくりと黒ずみも薄くなってきていて、使う量もだんだんと少なくなってきました。