バストトップやデリケートゾーンなど、体の敏感な部分の美白クリームホスピピュア。

 

使われている美白成分はハイドロキノンではありません。美白成分はいくつも種類がありますが、その中でも副作用の心配がないといわれている「トラネキサム酸」が使われています。

 

>>湘南美容外科共同開発のホスピピュアを見てみる

ホスピピュアはハイドロキノン不使用

 

湘南美容外科クリニックと共同開発された医薬部外品のホスピピュアには、美白成分のハイドロキノンは使用されておらず、有効成分として「トラネキサム酸」が配合されています。

 

少し小さくてわかりにくいかもしれませんが、こちらホスピピュアの外箱の成分表です。

 

【有効成分】トラネキサム酸 とありますね。

 

 

トラネキサム酸とは、アミノ酸の一種で、メラニン生成を抑制する働きや炎症を抑える作用があります。主に肌荒れやシミ、そばかす、肝斑などを予防して改善する効果があると認められている成分です。

 

トラネキサム酸は肝斑やシミ・そばかすの治療として内服薬などもあります。

 

トラネキサム酸を内服すると、副作用として、胸やけや嘔吐、眠気、発疹、食欲不振などが起こる場合がありますが、トラネキサム酸を肌に塗る場合は副作用の心配はないとされています。

 

ホスピピュアはこの副作用の心配のないトラネキサム酸を有効成分とした美白クリームです。

 

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれるほど美白効果は高いものですが、その反面、副作用があります。

 

濃度の高すぎるハイドロキノンや、ハイドロキノンが体に合わなかった場合、このような副作用が現れる場合があります。

 

  • 赤みや炎症などの肌荒れ
  • シミや色素沈着の悪化
  • 白斑

 

ハイドロキノンは美白効果が高い分、肌への刺激が強い成分です。

 

肌の弱い方はハイドロキノン入りの化粧水をつけただけでも肌がヒリヒリしたり赤くなってしまうことがあります。

 

そして、ハイドロキノンには紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう作用があるため、ハイドロキノンを使っているときは紫外線対策をする必要があるんです。いつもよりも神経質になってしまいますよね。

 

また、ハイドロキノンを長期間使用した場合、肌が必要以上に白くなり、白斑となってしまうことがあります。美白化粧品ではたまに白斑ができてしまったりするトラブルがありますよね。

 

ホスピピュアにはそのような刺激の強い成分は入っていません。

 

有効成分は副作用の心配がないとされている「トラネキサム酸」、シミやそばかす、肝斑の治療薬として用いられている成分です。

 

皮膚科のプロ、湘南美容外科クリニックと共同開発、実際に同クリニックでも販売されている美白クリームです。

 

脱毛やシミ取りのレーザー治療のアフターケアとしても人気になっているようですよ。