ホスピピュアは唇に使える?!唇を美白したい人におすすめの方法

美白成分のトラネキサム酸が配合されたホスピピュア。バストトップやデリケートゾーンなど、皮膚の敏感な部分にも使える美白クリームです。

 

そのホスピピュアは、皮膚の薄い唇にも使えるのでしょうか?唇も体の中で色素沈着を起こしやすい場所です。

 

>>湘南美容外科共同開発のホスピピュアを見てみる

ホスピピュアは唇などの粘膜の近くには使えない

 

シーオーメディカルの公式サイトを見てみると、ホスピピュアはバストトップ以外の体の部分にも使えると記載があります。

 

でも、「唇」に使っていいのかどうなのか… 記載がなく、わからなかったのでシーオーメディカルに問い合わせてみました。

 

質問:ホスピピュアは唇に使えますか?

 

シーオーメディカルからの返答:


恐れ入りますが、唇は粘膜に近い部位でございますので、
使用はお控えくださいませ。

 

「ホスピピュア」は、粘膜以外の部位であれば
全身にご使用いただけます。

 

お顔にもお使いいただけるほか、
デリケートゾーン、VIOラインにもご使用いただけますので、
是非ご活用いただければと存じます。

 

ホスピピュアは唇には使えないということです。

 

唇など、粘膜に近い場所は使わない方が良いということです。

 

デリケートゾーンに塗るときも、あまり奥まで塗り込まない方が良さそうですね。

 

唇の美白なら紫外線対策と美白リップで

 

唇って実は体で一番表皮が薄い場所なんですよ。だから、とってもデリケート。でも、常に外に出ていて紫外線の影響も受けやすく、とても過酷な環境。

 

そして、唇は紫外線の影響や摩擦などの影響を受けるため、色素沈着しやすい場所です。

 

唇の黒ずみが気になって、外出時にグロスが手放せないという人も多いはず。

 

唇がピンク色でふっくらしているのは、女性らしくて素敵ですよね。唇も地道にケアを続けていくことで、きれいにすることができるんですよ。

 

 

唇が黒ずんでしまったり色素沈着を起こすのは他の肌と同じ理由です。

 

紫外線や肌への刺激でメラニンが生成されて、色素沈着を起こしてしまいます。

 

口紅に含まれる赤色などのタール色素は紫外線の影響を受けやすく、つけ続けていると色素沈着を起こしやすいといわれています。

 

普段から唇のケアで気を付けることはこの3つです。

 

  • 外に出るときはUVカットのリップクリームを塗る
  • 唇を強くこすったり、拭いたりしない
  • メラニンを生成を抑えるために美白リップや美白クリームなどを使う

 

唇をケアするクリームやスクラブなどもありますよね。そのようなものを活用するのも良いでしょう。