ホスピピュアが顔の肝斑にも有効な理由とは

バストトップやデリケートゾーンの黒ずみ対策として人気のホスピピュアですが、顔に使っている人もたくさんいます。

 

女性は30代頃からホルモンバランスの乱れで「肝斑」が両頬に出てくることがありますが、ホスピピュアにはこの「肝斑」に有効な成分が含まれています

 

>>湘南美容外科共同開発のホスピピュアを見てみる

ホスピピュアのトラネキサム酸は肝斑治療薬

 

肝斑は両方の頬にシミのようにあらわれ、30代から40代の女性に多く見れます。

 

女性ホルモンが影響してできるシミのため、50代以降はだんだんと少なくなってくるのが特徴です。

 

 

実は昔から、肝斑の治療薬として「トラネキサム酸」が用いられてきました。この「トラネキサム酸」はホスピピュアに有効成分として含まれている美白成分です。

 

肝斑は女性ホルモンが乱れたときに分泌される「プラスミン」が原因で、メラニンが生成されてしまうと考えられています。「トラネキサム酸」には、この「プラスミン」の働きを抑える作用があるのです。メラニンが生成される前の段階で、抑制する、というわけですね。

 

このトラネキサム酸が入った飲み薬などは、肝斑治療薬として販売されています。

 

飲むトラネキサム酸はドラッグストアなどで手に入れることができますが、トラネキサム酸はもともと、止血剤や蕁麻疹の薬として医療用に使われていたものなので、内服する場合は副作用の心配もしなければいけません。

 

ですが、塗るトラネキサム酸は刺激が低いため、副作用などの心配はありません

 

この点は安心できますよね。

ホスピピュアで肝斑ケア、1日2回、まずは続けてみて

 

ホスピピュアはもともと、バストトップやデリケートな部分に使う美白クリームとして作られているので、刺激が低くなっています。

 

肝斑治療として使われているトラネキサム酸が配合されているので、効果は期待できそうですよね。

 

実際に私も顔の頬のシミ・肝斑にホスピピュアを使っていますが、だんだんと薄くなってきているかな〜と実感しています。

 

さらっとしていてべたつかないクリームなので、とても扱いやすいです。

 

 

顔のシミや肝斑以外にも、黒ずみが気になる部分に使えるのでマルチといえますよね。

 

1本9,000円となかなか高価な美白クリームですが、公式サイトの定期コースは5,500円で始めることができます。

 

3回の受け取りが条件のコースですが、肝斑は結構頑固ですよ。長期で取り組んでいく必要があると思います。(私も肝斑と戦ってます)

 

ですので、3,500円もお得になる定期コースは長い目で見るとお得ですよ。